結婚式の感動する花嫁の手紙!書き方や文例集のピュアレター!

Read Article

【例文集】結婚式の新婦から新郎へ手紙「結婚相手に、お父さん以上の優しさを求めたらだめよ。」文例:Vol.2

サプライズで新郎に手紙(新郎の親友に代読)

●●さんへ

●●さん、予定のなかった演出に
ちょっとドキドキしてくれている頃でしょうか?

私たちが出会って約1年半、
10月6日には付き合い始めてちょうど一年が経ちました。
まだ一年しか経っていないのに、
内容が盛りだくさんだったから、
もう何年も一緒にいるような、
でもあっという間だったような不思議な感じがします。

出会ってから、付き合って、入籍して…山やら谷やら、
色んなことがありながらも、
今日この日を笑顔で迎えられたのは、
●●さんとだからだと思っています。

●●さんは覚えていますか?

付き合い始めたころ、自分に自信がなくて「ごめんね」と
言ってばかりだった私に
「ごめんね、じゃなくて、ありがとうって言おう」と言ってくれたこと。

まだまだ自分に自信がなくて、仕事をしていても苦労していますが、
それでも以前よりは少し前向きになれるようになったと思っています。

ありがとう。

私は母に「お父さんは世界一優しい男の人だから、
お父さんみたいに優しい男の人を知っている
○○ちゃんはかわいそう。
結婚相手に、お父さん以上の優しさを求めたらだめよ。」

と言われて育ちました。そして、変に素直な私は、
その言葉を信じてこれまで過ごしてきました。

だけどね、●●さんと出会ってから、
お父さんと同じぐらい…
若しくはそれ以上に優しい男の人がいるということを知りました。

誰にでも分け隔てなく優しく、気配りが出来る●●さんと
人生を共にできる私は、本当に幸せだなぁと思います。

これから先、性格的に喧嘩はしないかもしれないけれど、
多少ぶつかることもあると思います。

違う環境で育った人間が一緒に暮らすのだから、当たり前。
けれども、そんな時でも私は●●さんのことが大好きです。

これからも二人で いつでも笑っていられる、
幸せいっぱいの家庭を築いていけるように
一生懸命頑張っていこうと思います。

若くもないし、全くできたお嫁さんじゃなくて申し訳ないけれども、
少しでも雄一さんの理想に近づけるように努力していきますので、
これからも末永くよろしくお願いします。

○○より

Return Top