結婚式の感動する花嫁の手紙!書き方や文例集のピュアレター!

Read Article

今の気持ちを素直に表現するコツ

一番伝えたい事をテーマに選ぼう

両親への手紙のメインテーマは、
もちろん、嫁ぐ日まで育ててくれたことに対するお礼になります。

しかし「ありがとう」の気持ちをより鮮明に印象付けるためには、
具体的なエピソードが不可欠です。

子供のころの思い出や両親の言葉など、両親のどんなところに最も感謝しているのか、
それを象徴するようなエピソードをひとつ主題に選びましょう。

自分らしさを伝えるには?

親の教育方針や子供とのかかわり方は、家庭によっていろいろと違うものです。

「両親がこんな接し方をしてくれたことに感謝している」
「こんなことがうれしかった」

といった具体的に書くことがコツです。

エピソードを出す事によって、より自分らしさが伝わる手紙になります。
どんな子供時代を過ごしたのか、
結婚を決めた時はどんな気持ちだったのかなど、
思いを素直に綴ることが大切です。

見栄をはることなく、自然な文章を心がけましょう。

感情的にならずに冷静に書こう

あなたにとって一番心に残っている両親とのエピソードは、どんなことでしょう。
楽しかった家族旅行の事、
落ち込んでいた時励ましてくれた事、
あるいは、反対していた結婚をやっと許してくれたことかもしれません。

エピソードによって、
ほのぼのとした手紙、
しみじみとした手紙、
時には列席者の涙を誘う手紙になることもあります。

しかし、いずれの場合も、感情的になりすぎず抑えた表現にするべきです。
ことさらにドラマチックに書こうとする必要は、全くありません。

分かりやすい表現を使いましょう

披露宴で読まれる手紙は、
誰が聞いても分かりやすく、簡潔な文章であることが大切です。
披露宴の席だからといって、
ことわざや難しい慣用句を引用するのは、かえって逆効果。

また文章を目で読めばわかる言葉でも聞き手にとっては、
理解しにくいことも意外と多いものです。

列席者の年代や職種によっては、
自分では常識と思っている仕事に関する事柄や
使い慣れている外来語などが、分からない場合もあります。

誰もが分かる優しい言葉を選んで、文章をまとめましょう。

声に出して文体をチェックしましょう

手紙を書き終えたら、客観的に見直してみる事も大事。
自分で声に出して読み、長さや文体をチェックしてみましょう。
両親には、当日まで内容を明かしたくない手紙ですから、
新郎様や友人に聞いてもらうとよいでしょう。

Return Top