結婚式の感動する花嫁の手紙!書き方や文例集のピュアレター!

Read Article

花嫁の手紙の長さは400字原稿2枚、1~2分程度にまとめるのがコツ

文字数にして400字原稿2枚以内の2分程度が目安

手紙の内容は、要点を絞って簡潔にまとめる事が大切です。
長い手紙では、話の焦点もぼけてしまいがちです。
せっかくの感動的なセレモニーが、間延びしたものになってしまいます。

披露宴の終盤に読まれることも考慮して、
1分から長くても2分程度にまとめるのがよいでしょう。

350文字の朗読で約1分かかるので、400文字の原稿用紙で1~2枚がベストです。

一文の長さは短くするのがコツ

両親への手紙は普通の手紙と違って朗読で聞かせるものです。
聞いて分かりやすい文章を心がけ、かならず音読してチェックしてみましょう。

第一のポイントは、一文の長さを短めにすること。
長い分は聞き苦しいだけでなく、内容もわかりにくいものです。
四文節で一文を目安に、できるだけ簡潔にまとめましょう。

第二のポイントは、句読点のつけ方。
手紙には、句読点を多めに入れてみましょう。
役者の世界でも同じく朗読でも、間の取り方がとても重要です。
間の取り方一つで、その人の技量が分かってしますものです。
句読点で間をとれるよう、きちんと入れておくことです。

Return Top