結婚式の感動する花嫁の手紙!書き方や文例集のピュアレター!

Read Article

くだけすぎはNG!「~ます」「~です」きれいな体言止めを効果的に使おう。

手紙の文章は基本的に
「~ます」「~です」という文体で統一すると聞いた印象がきれいです。
手紙を送る相手が両親とはいえ、列席者の前で披露される手紙なのですから、

「~だよね」
「~じゃない?」

などの砕けすぎた表現は使わない方がベターです。

「~しましたね」
くらいにとどめておきましょう。

両親の呼び方も
「パパ、ママ」よりは、
「お父さん、お母さん」が望ましいでしょう。
ただし、会話の引用や呼びかけの言葉として、部分的に使う程度なら問題ありません。

文章に変化をつけるために体言止めを使うのも良い方法です。
「お父さんは~でした」よりも、
「~してくれたお父さん」というと、
寄り感情的で豊かな表現になります。

効果的に使い分けるとよいでしょう。

Return Top